ブロッコリースプラウト

水耕栽培で育てたブロッコリースプラウトの事例です。
ADSITE CAを投入して比較実験を行いました。

種まき


水420mlに対し、ADSITE【CA】を10.5g用意します。

ADSITE【CA】をキッチンペーパーに包んで容器の底に入れます。
容器を2つ用意し、1つは水のみ、1つはADSITE【CA】を入れて水を入れます。 それぞれ同量のブロッコリースプラウトの種をまき、比較実験を行っていきます。

栽培

 

7/21(1日目)
実験スタート

 

7/23(3日目)
根が出てきました。

7/25(5日目) 同じように成長。
1日1回水を変えます。

7/30(10日目)
同じように成長。1日1回水を変えます。


 8/5(16日目)
同じように成長。1日1回水を変えます。
ADSITEが入っていない方は水が濁ってきて、少しカビが生えてきました。

8/7(18日目)
ADSITE入りの方が少し成長が早く、生えている密度が高くなってきました。



毎日水を変えていても、ADSITEなしは水が濁ってしまいました。
一方ADSITE入りは、水は濁らず透明度が高いままです。

 

収穫

8/9(20日目)
十分に育ったので収穫をします。

大きな成長の違いは見られなかったものの、上から見るとADSITE入りの方が、若干生えている密度が高くボリュームがありました。

真夏のためか、水のみで栽培したものは、カビが生えてしまいました。

カビが生えていない部分のみ収穫。
ADSITE入りとなしでは味の違いはなく、美味しく頂くことができました。

※今回は担当者の自己責任で食べてみましたが、もし有毒なカビの場合加熱しても毒素が消えない場合がありますので、真似しないでください。

 

比較結果

収穫時
水のみで育てたものは、水が濁った状態で、根も緑色に変色してしまいました。
また一部にカビがはえ、全体的にカビ臭い匂いがしました。

同じ環境で育てたADSITE入りは、水のにごりが少なく、根の変色はありませんでした。
匂いも気にならず、順調に成長し、最後は美味しく頂けました。

 

収穫後、ビーカーにそれぞれの水を入れて濁りを比較しました。

水のみは水が濁り、ADSITE入りは水の濁りが抑えられ、一目瞭然の結果となりました。

 


タグから記事検索