いちご

家庭菜園で育てたいちごの事例です。
ADSITE MGを投入して比較実験を行いました。

 

adsite mg 投入

2021.11.07にadsite mgを園芸用こて1杯分を投入。(写真左)
・ADSITE MGを入れた土をadsite土壌(写真左)
・比較するためにそのままの土をref.土壌(写真右)

adsite mgから2週間後、いちごの苗を定植。
肥料も投入。

2022.01.22

真冬の中、寒いのでなかなか成長してくれません。

2022.03.13

まだ寒いようで、あまり成長が見られません。
adsite mg投入した方は、葉っぱが多く成長しています。(写真左)
花がいくつか咲いてくれました。うれしい。

adsite mg投入した土壌のいちごの花

ref.の土壌のいちごの花

 ようやく成長の兆しが。

2022.03.27

冬から春にかけて暖かくなってきました。
すると一気に成長。
茎や葉も上にピンっと張っている状態になりました。
ここでスプーン1杯分の追肥。

adsite mgの土壌には、いくつものちいさなは花がついています。

ref.の土壌にも、ちいさな花がついています。

2022.04.10

花がたくさん咲き始めました。

2022.04.17

葉が入り乱れ、花もどんどん咲いてきます。
大きな実もつき始めました。

実が赤くなってきました

2022.04.24

暖かくなってきたら、一気に成長し、実も赤くなってきました。
・adsite土壌:花の咲く枝の本数6本。花の数35個 (写真左)
・ref土壌   :花の咲く枝の本数5本。花の数25個 (写真右)

adsite mgの土壌のいちごは、たくさんの実がなりました。

ref.の土壌のいちごは、数が少ないが、実がなりました。

2022.04.29

実に栄養を行かせるため葉を間引きしました。
実の方もすっかり赤くなりました。
気づいたら小動物?鳥?にいちごを食べられてしまいましたので、慌ててネットを一個づつ被せました。

2022.05.03

いよいよ収穫。

さっそく試食。

adsite土壌で栽培したいちごは、甘く酸味も程よくあって大変おいしかった。
実になったいちごの数、いちごの大きさは、adsite土壌で栽培するとよくなる傾向でした。
もちろん、ref.土壌で栽培したいちごも甘くおいしかった。

いちごを切ってみると、ADSITEの方は、中身まで赤い。
これは、アントシアニン成分の色(ポリフェノールの一種)です。
目にも良い、抗酸化作用のある美容にもうれしいアントシアニン成分が豊富に含まれていることが分かりました。

ADSITEの購入はこちら!


タグから記事検索